Live in the Shadows

~ひっそりと自由きままに暮らす~

AppBankマックスむらいが「@BLAST」をリリース!提携先の仮想通貨「スピンドル」は大丈夫なの?

f:id:liveinshadow:20180525135838j:plain

侍ブロガーの剣八です。

AppBankのマックスむらいさんが「@BLAST」をリリースし、仮想通貨「スピンドル」との提携を発表しました。

その概要がこちらです
↓↓

AppBank × 仮想通貨=@BLAST

  • 「@BLAST」の提携先が「スピンドル」だけど大丈夫?
  • AppBank×仮想通貨=@BLASTは成功するのか?
  • まとめ

「@BLAST」の提携先が「スピンドル」だけど大丈夫?

 

今回AppBankのマックスむらいさんから「@BLAST」のリリースを聞いて、私が最初に気になったのはその”提携先”です。

「@BLAST」はエンターテイメントやゲーム、eスポーツなどを展開していくサービスですが、そこに仮想通貨を組み込むと言っているんですよね。

その提携先が「SPINDLE(スピンドル)」という仮想通貨になります。

スピンドルは「ガクトコイン」とも言われていて、あのアーティストのガクトさんも事業に参加している仮想通貨です。

昨年末にはYahooニュースにも出るほど話題になりましたが、ただ、その一方で問題も起きているんですよね。

下記の記事を見てみてください

簡単に説明しますと、スピンドルは1度行政処分を受けたことのある業者からバックアップを受けていました。

さらに、資金を調達するICO時に、スピンドルの運営元が「仮想通貨交換業者」として登録されておらず、出資法違反による「違法業者」とも指摘されていたのです。

結局そのままプレセールは成立したみたいですが、こうした問題を指摘されていた業者とマックスむらいさん(AppBank)が組むことになっています。

まあ、ガクトさんが以前からマックスむらいさんの動画に出演されている繋がりからも、今回ガクトさんが携わる仮想通貨を選んだということですかね。

マックスむらいさん自身、ガラケーからスマホへ変わる大きな波に先行者として乗っかり今があるので、その過去を考えてもお金がデジタルに変わる波に早く乗っかろうとしているのもわかります。

そして、ガクトさんとの繋がりもあるのでしょうが、いろいろと問題が指摘されている「スピンドル」をあえて選ぶ必要はなかったんじゃないかとも個人的には思いますかね。

ただ、これで事業が成功すればそれで何も問題はないので、いち視聴者としてむらいさんの事業の成功を見守りたいです。

AppBank×仮想通貨=@BLASTは成功するのか?

 

結論から言いますと、成功するしないにしろ、「面白い」とは思います。

その理由としては、AppBankとマックスむらいさんの「スピード感」と「影響力」ですね。

現在、仮想通貨、およびICOを含めると数え切れないほどの種類がありますが、その中で事業やサービスで「実際に使われている仮想通貨」は数少ないです。

イーサリアムやリップル、ライトコインなどの主要仮想通貨もありますが、具体的にどういうシーンで使われているというのは、まだハッキリしないですからね。

もしかすると、どこかの国ではすでに使われているのかもしれませんが、こうした「@BLAST」などのサービスで使われるというような情報は、他の仮想通貨も含めてなかなか出てきません。

仮想通貨はまだ「開発・試作段階」であり、「実用」されている仮想通貨は本当に少ないです。

そんな中で、「@BLAST」のサービスの中で、スピンドルが「実際に使われる」というのは、大きな期待がありますよね。

スピンドル側もこれまで問題を指摘されて来た分、これを「追い風にしたい」というのはあるでしょう。

f:id:liveinshadow:20180525141441j:plain

すでにロードマップも出ていて、来月6月にも始動します。

こういうスピード感から私も期待しているのです。

f:id:liveinshadow:20180525141521j:plain

会員の無料登録で「仮想通貨の配布」も決まっているし、

f:id:liveinshadow:20180525141553j:plain

ポーカーポーカーという大会での「賞金」や「参加賞」としての配布も決まっています。

このサービスが仮想通貨との提携事業として成立すれば、本当に面白くなってきますよね。

仮想通貨を無料配布することで参加者を集めるのは、集客面においても有効です。

ですので、個人的にはこの大会をきっかけに「@BLAST」の運営がうまくいけば面白いかなと思ってます。

マックスむらいさんが「@BLAST」で仮想通貨を配布する理由の1つに、「仮想通貨」を世間に認知して頂くためという想いもあるようなので、そこも応援したいです。

あとは問題なく正しい形で世の中に広まることを祈っています。

仮想通貨もいろいろと問題があり過ぎて、すでに”マイナスイメージ”が強いですからね。笑

そのイメージを払拭してくれる立役者になってくれればと思っています。

まとめ

 

さて、今回はマックスむらいさんのAppBank社が、仮想通貨「スピンドル」と提携して、「@BLAST」をリリースしたことについてでしたが、まず気になったのは「スピンドル」の問題ですね。

スピンドルは昨年末に、現行法上の「違法業者」と指摘されていて、代理店が顧客のお金をスピンドルの購入代として運営元に入れずに、他に回していたりなどの問題が発覚しました。

そういう運営元とその周りとの信用問題もあったので、今回のAppBank社との提携はどうなのかなという「不安」はあります。

ただ、すでに6月から「@BLAST」のリリースが決まっていて、それに伴い「スピンドル」の無料配布が行われ、ポーカーの大会で仮想通貨が使われるというプロダクトには期待です。

あとはその運営がスムーズに行くのか、あるいは問題が浮き彫りになって来るのか。

様子を見ながら見守っていきたいと思います。

また何か情報が入りましたら追記していく予定です。

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

当ブログではこんな企画もやっております!

仮想通貨で「一攫千金」を狙うならICOの窓口!

剣八とその仲間が最速最短で稼いだ秘密!

何か質問や相談がある方がいましたら、お気軽にお問い合わせください^^
侍ブロガー剣八の「無料相談道場」もやっております。

お問い合わせはこちらから

f:id:liveinshadow:20180523174337j:plain

 

続きを読む

「AIEトークン」滝川准士氏の100倍ICO「権利収入」は手にできない?

f:id:liveinshadow:20180524115857j:plain

 侍ブロガーの剣八です。

今回は、滝川准士さんの100倍ICO 「AIEトークン」について取り上げます。

その案件がこちら です
↓↓
AIEトークン

特定商取引法にも基づく表記
販売会社 MEDIA TYCOON HOLDINGS LIMITED
運営責任者 滝川准士
所在地 P.O. BOX 957, Offshore Incorporations Centre, Road Town, Tortola, British Viagin Island.

  • AIEトークン上場確定の「某取引所」とは?
  • AIEトークンは「仮想通貨AI取引所」のオーナー権利
  • AIEトークンは「権利収入型のビジネス」
  • 滝川准士氏のエクスチェンジアンバサダーは「阿部ダイジロウ」氏案件
  • まとめ

AIEトークン上場確定の「某取引所」とは?

 

結論から言いますと、AIEトークンの上場が確定している「某取引所」はまだ公開されていないのでわかりません。

これから動画での公開、もしくはタレコミ情報があるかもしれないので、情報が入り次第追記しますね。

1点押さえておいて頂きたいことは、もうわかっているかもしれませんが「どこの取引所に上場するのか」は非常に重要です。

例えば、バイナンスやBittrexなどの”世界規模”の大手取引所に上場すれば価格は上がりやすくなるだろうし、取引”規模の小さい”取引所では値上がりの期待が小さくなります。

そういう意味でも「どこの取引所に上場するのか」で、「AIEトークン」のICOへの参加も大きく変わってくるかと思います。

AIEトークンは「仮想通貨AI取引所」のオーナー権利

 

今回募集されるICO「AIEトークン」は、AI(人工知能)×ブロックチェーンを特徴としたコインになっています。

具体的なコンセプトや用途などはまだわかってませんが、AIを用いたビックデータの収集とブロックチェーン技術を組み合わせ、”効率性”と”安全性”が確保されるそうです。

何に対する効率性や安全性が確保されるのかはわかりませんが。笑

ただ、AIとブロックチェーンの相性は良いと思いますし、今後テクノロジーの発展によって間違いなく私たちの生活のどこかで使われることは間違いないでしょう。

そこに「仮想通貨」自体が関わってくるかはわかりませんけどね。

また、現時点では、「仮想通貨AI取引所のオーナー権利」といった情報も出ています。

「モンゴル」に新しい仮想通貨の取引所ができるということで、それがAIを用いた取引所みたいなんですよね。

仮想通貨の取引をAIで分析、管理するんですかね。

具体的な内容はまだ見えてきませんが、”モンゴルの議員や会社も協力している”ということで、大規模なプロジェクトになるということです。

f:id:liveinshadow:20180524115915j:plain

「国家的プロジェクト」じゃなければ良いですが(笑)

AIEトークンは「権利収入型のビジネス」

 

今回は、「エクスチェンジアンバサダー」といったプロジェクト名も出ていますが、このプロジェクトでは”権利収入を受け取ることができる”とも言われています。

いわゆる、「権利収入型のビジネス」ですね。

先ほど、AIEトークンは「仮想通貨AI取引所のオーナー権利」も関係していると言いましたが、AIEトークンのICOに参加することによって、新しくできる”モンゴルの仮想通貨取引所のオーナーになれる”ということなんですかね。

そして、その取引所の運営で出た利益の一部を受け取れるということなら、面白そうではあります。

ただ、もしAIEトークンのICOがモンゴルの取引所の運営費を集めるための資金であるなら、”イチかバチか”なところもありますよね。

必ずしもその取引所が世界規模、もしくは日本規模の取引所になるとは限りませんし、そうなるとそもそも配当を得られるほどの利益が出るのかも不安になってきます。

「AIEトークン」のICOへ参加するなら、その辺りも踏まえた上で検討した方が良いですね。

滝川准士氏のエクスチェンジアンバサダーは「阿部ダイジロウ」氏案件

 

ここ最近の無料オファーはもっぱら「ICO案件」ばかりとなっていますが、「上場確定」を謳った案件が続いていますね。

そうした案件の裏には、無料オファーを”裏でプロデュースする人物の存在があります。

そして、今回エクスチェンジアンバサダーを担当しているのが、「阿部ダイジロウ」さんという方です。

阿部さんはこれまでにも様々な案件を手掛けて来た”実績のあるプロデューサー”ですが、ただ、ヒドい案件も多いんですよね。笑

詳しくはこちらの記事でも書いていますが、

100%稼げる保証付き、利益保証付き、即金、再現性100%、クリックするだけで、簡単に、考えずに、全自動、申請手続きのみで、3分で、スキル0で、たった3つのルールで・・

などの甘い謳い文句を謳って多くの人を集めています。

これで中身がまともなら良いんですが、そのほとんどが中身が薄く、サポートもまともなレベルではないのでいろいろと批判されることも多いです。

「阿部さん自身の力」は本当にすごいと思うんですが、その力をもう少し違う使い方ができないのかなと個人的には思ってます。

もしこの”ICO案件が本物”というなら、過去にやって来た案件が足を引っ張りますからね。

そういう意味でも「もったいない」と思うんです。

なので、良い案件だけをプロデュースして、良い商品だけを提供していけば、阿部さんほどの力があればこの業界も変えられると思うんですけどね。

まあ、つまり私が言いたいことは、この案件も「どっちに転ぶかわからない」ということです。

いつもの阿部さん案件なのか、それとも今回は本物なのか・・

阿部さんを信じるか信じないかはあなた次第です(笑)

まとめ

 

さて、今回は、滝川准士さんの100倍ICO「AIEトークン」についてでしたが、AIEトークンは「AI×ブロックチェーン」を特徴とした仮想通貨でした。

詳しい内容についてはまだ見えてきませんが、AIとブロックチェーンを融合した技術がどこかで使われるのであれば、期待もできるかもしれませんね。

そして、新しくモンゴルに「仮想通貨AI取引所」が設立されますが、そこのオーナーになることで「オーナー権利収入」ももらえるような情報も出ています。

AIEトークンの詳しい内容については、これから追っていきたいです。

また、今回は「100倍ICO」ということですが、「阿部さん案件」ということだけは頭に入れといてくださいね。

それではまた情報が入り次第追記します。

なお、仮想通貨もそうですが、これから資産を増やして「理想の生活」を手に入れたい方は、下記の「無料メール講座」にも登録しておいてください。

「理想の生活」を手に入れるメール講座に登録する

ここでは”「0」からお金を生み出す仕組み”もお伝えします。

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

当ブログではこんな企画もやっております!

仮想通貨で「一攫千金」を狙うならICOの窓口!

剣八とその仲間が最速最短で稼いだ秘密!

何か質問や相談がある方がいましたら、お気軽にお問い合わせください^^
侍ブロガー剣八の「無料相談道場」もやっております。

お問い合わせはこちらから

f:id:liveinshadow:20180523174337j:plain

 

続きを読む

フリーダムライフクラブ 松宮義仁「大御所絶賛案件の実態」

f:id:liveinshadow:20180523182438j:plain

侍ブロガーの剣八です。

今回は、松宮義仁さんの「フリーダムライフクラブ」について取り上げます。

その案件がこちらです
↓↓
フリーダムライフクラブ

特定商取引法にも基づく表記
販売業者 FINTECH ASIA LIMITED
運営責任者 YOSHIHITO MATSUMIYA
所在地 ALAMEDA DR CARLOS D'ASSUMPCAP FL 03,FLAT MED. BRILHANTISMO GRUPO MACAU

  • フリーダムライフクラブ「大御所絶賛案件の実態」
  • 未だ上場されていない松宮義仁氏の「NAGEZENI」
  • まとめ

フリーダムライフクラブ「大御所絶賛案件の実態」

 

今回もネットビジネス業界の大御所さんたちが絶賛する案件ですね。

望月こうせいさん、坂本まりさん、畑岡光宏さん、清水聖子さんに次ぐ大御所絶賛案件ですが、今回は松宮さんが絶賛される番が回って来ました。

大御所絶賛案件をここまで見て来て思うことは、”中身も見ておらず根拠もなく絶賛する”方々ばかりだということです。

特に、清水聖子さんの案件なんかは、多数の相談メールが届いています。

以下実際のメールです

f:id:liveinshadow:20180523182502j:plain

f:id:liveinshadow:20180523182510j:plain

f:id:liveinshadow:20180523182518j:plain

f:id:liveinshadow:20180523182526j:plain

清水さんのプロジェクトでは、販売時に紹介のあった仮想通貨のツールがあったのですが、蓋を開けてみるとそれが使えなかったり、ツールをインストールした状態のPCが届かなかったりといった”不誠実な対応”が目立っています。

そんな”返金依頼のある案件を中身を見ることもなく絶賛していた”というのが、「大御所絶賛案件の実態」です。

こうした案件は中身がどうこうといったものは関係なく、横の繋がりだけでみんなで紹介し合うようになっています。

”みんなで紹介し合って、みんなで稼ぎましょう”という意図の案件ですね。

そして、今回は松宮さんの番が回って来たというわけです。

ただ、中にはきちんとやる人もいるでしょうから、簡単に一括りにすることもできません。

未だ上場されていない松宮義仁氏の「NAGEZENI」

 

「フリーダムライフクラブ」の主催者である松宮さんは、”某有名仮想通貨の開発者”として名前が挙がっていますが、「NAGEZENI」のことですね。

この「NAGEZENI」は、2016年から販売されている松宮さんが開発した仮想通貨になります。

当時は、「価格が30倍になる」と言われていましたが、未だどこの取引所にも上場されておらず、使い道もありません。

ちなみに、同時期にノアコインの販売をしていた泉忠司さんは、すでにノアコインを取引所に上場させ、プロジェクトを進めています。

結局のところ、取引所に上場できるかどうかは開発者の人脈や力と、資金力によるので、松宮さんには泉さんほどの人脈や力、資金力がないことが見て取れます。

一応、今年の10月には上場する話も出ていますが、正直、そのタイミングでは完全に遅れていると思います。

世界規模のICOならまだわかりますが、日本の一部の人しか持っていなければ30倍になることすらも危ういです。

そもそも上場されるのかも怪しいんですけどね(^^;

そんな感じで、”2年も購入者を待たせている”のですが、動画を見てもわかるように、その間自分は女性と遊びまくっています。笑

果たしてそんな方を信用して良いのでしょうか?

フリーダムライフクラブでは、”1年間で100%必ず最低1000倍になる”や”入会後年収3000万円強制確定”といった誇大広告が使われていますが、これも達成されるのかはここまでの「NAGEZENIの進行具合」を見ても怪しいところです。
(そもそも1000倍とは何のことを言っていることやら・・)

ですので、参加される方は、十分注意した上で参加して頂ければと思います。

まとめ

 

さて、今回は松宮義仁さんの「フリーダムライフクラブ」についてでしたが、”入会後に年収3000万円が強制確定される”と言われている大富豪コミュニティです。

このフリーダムライフクラブは、ネットビジネス業界の大御所たちも絶賛する案件ですが、「大御所絶賛案件」は中身を見ることなく絶賛されている案件になります。

しかし、中には清水聖子さんの「想源和僑会」のような相談メールが多数届く悪質案件もあるのが実態です。

「大御所絶賛案件」だからといって、”必ずしも良いモノではない”ということですね。

また、松宮さんと言えば、”NAGEZENI”の開発者でありますが、販売開始から2年経とうとする今もまだ、取引所へ上場する様子すら伺えません。

一応、今年の10月には上場する予定なのですが、そもそもの規模が小さいですし、上場したところで当初言われていた「30倍」の価格を付けるのかという不安があります。

購入者はそんな不安がある中で2年も待たされているのですが、当の本人は良いモノを買い、良いお酒を飲んで、良い女と遊ぶといった毎日を送っているようです。
(良い女なのかはわかりませんが笑)

それを動画でまじまじと見せつけるような方ですから、果たしてそんな方を信用して本当に大丈夫なのかという疑問はありますよね。

ひとまず、フリーダムライフクラブがどういった内容なのかは、引き続き追っていこうと思います。

本当の「フリーダムライフ」を求める方は下記の記事も拝見してみてください

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

仮想通貨で「一攫千金」を狙うならICOの窓口!

剣八とその仲間が最速最短で稼いだ秘密!

何か質問や相談がある方がいましたら、お気軽にお問い合わせください^^
侍ブロガー剣八の「無料相談道場」もやっております。

お問い合わせはこちらから

 

続きを読む

「不安あり!?」酒井公坊氏のクリプトピースプロジェクト(CPP)

f:id:liveinshadow:20180523181926j:plain

侍ブロガーの剣八です。

今回は、酒井公坊さんのクリプトピースプロジェクト(CPP)について取り上げます。

その案件がこちらです
↓↓
クリプトピースプロジェクト(CPP)

特定商取引法にも基づく表記
販売業者 (株)公坊
所在地 千葉県八千代市緑が丘1-2-1 パークタワー八千代緑が丘

  • Share The Love(シェア・ザ・ラブ)プロジェクトとは?
  • クリプトピースプロジェクト(CPP)を無料で行う意図

Share The Love(シェア・ザ・ラブ)プロジェクトとは?

 

クリプトピースプロジェクト(CPP)は、”世界中の仮想通貨企業と繋がる”をコンセプトにした、”日本最大級の仮想通貨コミュニティ”です。

その運営を行っているのが、酒井公坊さんになります。

このCPPは、Share The Love(シェア・ザ・ラブ)プロジェクトとも言われていて、仮想通貨に関する様々な情報を”完全無料で提供する”という内容です。

実際に、

・2018年版資産を10倍にする仮想通貨未来予想マニュアル
・無料で仮想通貨が手に入る情報をリアルタイム情報
・仮想通貨投資スタートアップマニュアル
・知らないと大損‼仮想通貨の落とし穴17選
・2018年版値上がり期待通貨5選
・ICO投資スタートアップマニュアル

などをはじめとしたコンテンツが頂けます。

さっそく配布された、「仮想通貨未来予想マニュアル」は拝見しましたが、仮想通貨の歴史が時系列でまとめられていてわかりやすいものでした。

これなら全く仮想通貨を勉強したことのない方に取っては、役に立つかと思います。

今後仮想通貨を取引する上で、歴史は必ず知っておいた方が良いので必見ですね。

このように、無料で情報を”シェア”していくのが、”Share The Loveプロジェクト”の方針になります。

クリプトピースプロジェクト(CPP)を無料で行う意図

 

酒井さんは、なぜ今回こうして無料で優良情報を提供しているのでしょうか?

その意図としては、最終的には「クリプトピースクラブ(CPC)」と呼ばれれる「有料コミュニティ」の案内をするためです。

もともと酒井さんは、昨年に「ICOクラブ」という名称のコミュニティ運営していました。

その「ICOクラブ」が4月中旬時点で、「クリプトピースクラブ(CPC)」に変更されたんですよね。

「クリプトピースクラブ」は、中身自体ICOクラブと大きく変わっていないのですが、ICOクラブの名称では「ICO」のイメージが強すぎるため変更されたみたいです。

実際には、「仮想通貨全般」の情報を提供していて、NEM流出問題の時にも対応しており、NEOと呼ばれる仮想通貨の「ミートアップ」にも協力しています。

NEOは”中国のイーサ―リアム”とも言われていて、技術力や送金スピードなどが優れていると評価されているコインです。

”Weiss Ratings(ワイスレーティング)”と呼ばれる格付けサイトでも、「Aランク」に1番乗りしたコインというのは、ご存知の方もいると思います。

酒井さんとCPCには、そんなNEOのミートアップに協力するほどの”人脈がある”ということですね。

1話目の動画の中で、「着物が気に入られて」というような話がありましたが、酒井さんがコミュニティの顔役として、外国の方に気に入られているのかもしれません。

酒井さんはもともと占い師ということで、コミュニケーションを取るのも上手いんでしょうね。

一方で、コミュニティの運営自体は、裏で「株式会社バリューブレイン」の「小野たつなり」さんという方が、手伝っていると思うんです。

噂によると、すでに5000人もの会員がいるということでもあるので、酒井さん一人では運営できませんからね(^^;

それこそメルマガ等のテクニックはないでしょうし。

小野さんは昔からネットビジネス業界に携わる古株で、これまでにも様々なスクールの運営や販売のマーケティングを手掛けて来ていますが、まぁやり手っす。

そんな2人が組んで功を奏したか、コミュニティ運営もうまくいっており、盛り上がりを見せているようです。

今回の「クリプトピースプロジェクト」では、最終的にはそんなコミュニティへの入会の案内があると思いますが、評判を調べても悪くはないんじゃないかなと個人的には思います。

ただ、”1点懸念される部分”もありましたので、そのことについては以下の記事にまとめましたので、気になる方はご確認ください。

クリプトピースプロジェクト(クラブ)の評判と懸念点とは?

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

当ブログではこんな企画もやっております!

仮想通貨で「一攫千金」を狙うならICOの窓口!

剣八とその仲間が最速最短で稼いだ秘密!

何か質問や相談がある方がいましたら、お気軽にお問い合わせください^^
侍ブロガー剣八の「無料相談道場」もやっております。

お問い合わせはこちらから 続きを読む

「暴露情報」160倍確定コイン(ICO)を紹介する瀬尾恵子氏は「ゴールドマンサックスと無関係」

f:id:liveinshadow:20180523181520j:plain

侍ブロガーの剣八です。

今回は、ゴールドマンサックスで活躍した凄腕アナリストの瀬尾恵子氏が紹介する、「160倍確定コイン(ICO)」について取り上げます。

その案件がこちらです
↓↓
160倍確定コイン

特定商取引法にも基づく表記
メルマガ発行者 瀬尾 恵子

  • 瀬尾恵子氏は「ゴールドマンサックスと無関係」だった
  • 「情報の選択」を間違えないためにも
  • 「優良な情報」を得るためには

瀬尾恵子氏は「ゴールドマンサックスと無関係」だった

 

5月10日に届いた情報で、すでにご存知の方もいるかもしれませんが、瀬尾恵子さんはゴールドマンサックスとは「無関係」という事実が、ゴールドマンサックスから直々に注意がありました。

 

f:id:liveinshadow:20180523181526j:plain

http://www.goldmansachs.com/japan/warning-alert/

内容によりますと、瀬尾恵子さんは”過去に1度もゴールドマンサックスに在籍した事実がない”ということです。

このことからも、この案件は全く持って信憑性がなく、結論としては”参加しない”のが賢いと言えます。

「元ゴールドマンサックス」という肩書を”情報の信憑性”の部分として利用していたのに、それがなくなった今、瀬尾さんは”単なる一般人”ですからね。

まぁ、私たちと変わらないということです。笑

そんな方が、最低160倍になると見込んだICOがあるなんて紹介しても、全く参加する気にはなれませんよね(^^;

これからTVや雑誌などへの出演も決定しているようですが、ショーンKこと川上伸一郎さんのようにして出演されるでしょうか。

元ゴールドマンサックスではないとわかった今、どのような気持ちで出演されるのか見てみたい気もしますが、それを鵜呑みしてこの信憑性のないICOに参加される方が出るようなら、やめて頂きたいところです。

本当にネットビジネス業界では、ありもしない肩書を名乗って商品やサービスを販売している人物もいるので気を付けてください。

また、瀬尾さんのケースのように、プロモーターが裏で操ってこのような企画を立てていますので、動画の出演者だけでなくプロモーターにも気を付けて頂ければと思います。

それこそ、下記のような「裏事情」もありますからね。

クラウドソーシングで塾長役を募集!?「高額スクール販売の裏側」 

これから「情報の選択」で失敗しないためにも、以下の情報は必ず読んでおいて頂きたいです。

「情報の選択」を間違えないためにも

 

今回の瀬尾さんのようなケースは、”氷山の一角”に過ぎません。

ネットビジネス業界のプロモーションでは、これらと似たケースは多々あります。

それこそ、クラウドソーシングで塾長や実績者のエキストラを募集し、演じさせていることもあるのです。

f:id:liveinshadow:20180523181534j:plain

f:id:liveinshadow:20180523181540j:plain

このような感じで、「偽名」や「肩書の偽り」なども普通にあるのが、この業界のプロモーションです。

もちろん、塾長や実績者の肩書や実績は”ウソ”なんですから、最終的にそういう商品を手にされた方は稼げませんよね。

なので、「情報の選択」には気を付けなければなりません。

表立ってやっている販売者の中には、「ネットの情報を鵜呑みにするな」「悪評を書いて自分の商品に誘導するネットハイエナだ」という方もいます。

しかし、こうした事実がある以上は、私も”公益性のある情報”として伝えるべきだと思っています。

事実、今回のような情報は、こうしたネットで情報が出回っていなければ知らぬまま参加していた人もいるでしょうからね。

ネットでのリサーチは、そうした「リスクの回避」も出来るのです。

それを止めようとするんですからむしろ、「バレるとまずい情報がある」というのが、販売者の心理ではないでしょうか?

きちんとウソ偽りのない情報を発信していれば、堂々と商売していれば良いだけですからね。

いちいちネットの情報をチェックしている時点で、”何か後ろめいたいことでもある”のではないかと思ってしまいます。

たしかに私も、このブログの中で商品を紹介させて頂いたり、コンサルを募集させて頂いたりしていますが、そうしなければこの”ブログ自体の運営”も成り立たなくなってしまいますからね。

運営が成り立たなければ当然ですが、こういう情報も出て来ないわけです。

ですので、私の場合はきちんと”公益性のある情報”を発信した上で、”その対価”として商品は紹介させて頂いています。

「その商品が必要ない」と思われる方に関しては、購入して頂かなくても結構です。

表立って販売している販売者のように、「私を信じて絶対に買ってください」なんてことは言いませんし、購入するもしないもみなさんの「自由」です。

直接会ったこともないので「私を信じろ」とも言いませんが、ただ、私が「良いとおすすめする商品」を購入して頂いた方には、”きっちりとサポート”をさせて頂きます。

事実、私が実践して結果を出しているこうした「優良商品」もあるわけですからね。

仮面ブロガーズ

アフィリエイトラボ

私が商品を紹介するもう1つの理由としては、こうした商品を紹介することによって”1人でも多くの人に稼いで頂く”ことと、この業界にも”本当に優良な商品がある”という事実を知ってもらうためです。

それこそ、瀬尾さんのような案件ばかりが出回っていれば、ネットビジネスの市場自体がなくなってしまいますからね。

そうすると、みなさんが副業で収入を得たり、独立して起業したりする”可能性”までもが失われてしまいます。

ですので、その可能性が失われないためにも、私はこのブログで情報発信を続けていきます。

その上でもし、私がこのブログ上で「商売をすることが気に入らない」ということでしたら、こうした”公益性のある情報”を拾うためだけに利用して頂くのも結構です。

逆に、「本当に優良な商品を紹介して欲しい」という方がいましたら相談に乗りますので、直接ご連絡頂ければと思います。

いずれにせよ、今後も”有益な情報発信”を務めて参りますので、”業界の健全化”のためにも応援のほどよろしくお願いします。

「優良な情報」を得るためには

 

優良な情報を得るためには、「情報を取る場所」を変えなければなりません。

今「メルマガ」を通していろいろな情報を取っている方はどれくらいいますか?

例えば、今回のケースで言いますと、「瀬尾恵子さん」の案件を紹介していた「メルマガ発行者」がいると思います。

そういう人たちは、「きちんと裏取り」もせずに紹介しているわけですね。

瀬尾さんが元ゴールドマンサックスかどうかは関係なしに、「自分たちが稼ぐためだけに」紹介しているのです。

実はこうしたメルマガでの紹介案件は、1件のメールアドレスの登録につき、少なくても「300円~500円」多ければ「2000円~3000円」さらには「5000円」といった報酬が支払われることもあります。

「1件のメールアドレスの登録」だけでですよ(^^;

だからこそみんな「情報を精査することもなく」ただただ紹介しているのです。

一方で、私たちブログの運営者は、”情報を精査した上”で発信しているということですね。

メルマガ発行者は、登録した人が稼ごうが稼ぐまいか関係ありません。

ただ、自分が稼げれば良いのです。

ですので、今回この「瀬尾さんの案件」を紹介されたメルマガ発行者からの情報は、今後考えて受け取った方が良いと言えます。

 逆に、有益な情報を取るためにも、ただただ「情報を受け取る」のではなく、今後こうした「リサーチ」は行って欲しいです。

情報は「受け取る」だけでなく、「自分から拾いに行かないと」いけません。

また、ICOの件で言いますと、こうして一般公開されている情報だけではなく、「有料のサービス」からも拾った方が安心です。

やっぱり有料は有料なだけの情報が回ってくるんですよね^^

ICOの窓口

私の場合はこちらの「ICOの窓口」に参加して、ICOの情報を得ていますが、ここでは”一般募集されていないICO案件”もあります。

このICOの窓口では、きちんとした投資アナリストが付いており、情報が精査された上で提供されます。

それこそ、瀬尾さんのような元ゴールドマンサックスという嘘っぱちの肩書ではなく、きちんとテレビ出演もされている方が付いています。

ですので、その情報は”信憑性”が高く、何より私自身も参加して”実際に利用している”ので間違いありません。

仮面ブロガーズやアフィリエイトラボもそうですが、私のブログではこうした検証を行った商品をおすすめしているので、ぜひ「情報の選択の場の1つ」としても活用して頂ければと思います。

ひとまず、今回の件で覚えておいて頂きたいのは、「情報の選択方法」には気を付けてくださいということです。

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

当ブログではこんな企画もやっております!

仮想通貨で「一攫千金」を狙うならICOの窓口!

剣八とその仲間が最速最短で稼いだ秘密!

何か質問や相談がある方がいましたら、お気軽にお問い合わせください^^
侍ブロガー剣八の「無料相談道場」もやっております。

お問い合わせはこちらから
続きを読む

ラファエル取材のICO、MINE仮想通貨を「購入する際の注意点」

f:id:liveinshadow:20180523181154j:plain

侍ブロガーの剣八です。

人気YouTuberのラファエルさんが、現在ICOが行われている「MINE仮想通貨」の取材をしていました。

YouTubeユーザーは、お金稼ぎ的な案件を悪く印象を持つイメージが強く、今回の仮想通貨案件は世間的にも悪いイメージがあるので「bad評価」が多いかなと思いました。

しかし、案外「good評価」が多く、コメントでも”勉強の意思”を示している方が多かったです。

人気YouTuberがこうした発信をすると大きな影響が出るので、今回の動画にて仮想通貨やICO、MINEに巻き込まれた方も多くいると思います。

ただその一方で、何も勉強をせずにいきなり投資するのはリスクもあると思うので、簡単にですが私の方からもMINEと購入する際の注意点について説明をさせて頂きます。

  • 仮想通貨のICO「MINE」とはそもそも何なの?
  • ラファエル取材のMINE(マイン)の「3つのキャッシュポイント」
  • MINE(マイン)仮想通貨を購入する際の注意点

仮想通貨のICO「MINE」とはそもそも何なの?

 

まず、仮想通貨の「ICO」についてですが、ICOとは簡単に言うと、これから事業を展開する企業が「資金調達」するためのものです。

ICOで資金調達を行い、その対価として「トークン」と呼ばれるものを配布されます。

この「トークン」は、株式投資で言うところの「株」のようなものです。

仮想通貨の「トークン」は、仮想通貨専門の取引所に上場後、所有している「トークン」を売って利益を出すことができ、そのまま所有して特定の業界や市場で使うことも出来ます。

現状では、トークンを「実用」できるようプロジェクトを進めている企業が多いですが、東南アジアでは「OMG(オミセゴー)」と呼ばれる仮想通貨が、すでにマクドナルドや電話料金の支払い手段としても使われていたりもします。

そんな中「MINE」については、「仮想通貨だけで生活が成り立つような経済圏」を作ろうとしているのです。

これを「マイニング経済圏」と言います。

仮想通貨には「マイニング」と呼ばれる稼ぎ方もあり、これは仮想通貨の取引がされる際に行われる「計算処理」をPCを使って行うことにより、その対価として「トークン」を受け取ることが出来ます。

最近では「マイニング専用のPC」なども販売されています。

https://pc-seven.co.jp/feature/mining-pc.html

こんな感じで日本でも実際に「マイニング用PC」が売られているのです。

ただ、マイニングには相当な電力を必要とするため、日本では電気代が高く、現実的ではないと言われています。

そこで、ラファエルさんの動画に出ていたように、中国などの海外に「マイニング専用の工場」が作られることも多く、「クラウドマイニング」といってマイニング工場の構築に投資して利益を出す案件なども出回っているのです。

今回のMINEについては、その「マイニングの仕組み」を利用するために、ICOで資金調達し、”マイニングによって経済圏が作る”というプロジェクトが掲げられています。

MINEに関する詳しいことについては、以前下記の記事でも取り上げましたので、気になる方は一読してみてください。

ラファエル取材のMINE(マイン)の「3つのキャッシュポイント」

 

仮想通貨MINEが盛り上がりを見せている理由としては、今までの仮想通貨にはなかった、「キャッシュポイントの仕組み」が付属しているからです。

通常「トークン」を持っていても、株式のように「配当金」がもらえるような仮想通貨は少ないのですが、「MINE」には「配当」の仕組みが付いています。

「持っているだけで稼げる仮想通貨」

それを売りにして、ここまでうまく資金調達が行われています。

そのMINEのキャッシュポイントは、主に3つあります。

f:id:liveinshadow:20180523181202j:plain

1.ボーナス10%付与
2.MINEトークンの保有量に応じて年利24%で毎日ETHを配当
3.MINEデビットカードで買物しながらMINEトークンを還元

1.ボーナス10%付与

1つ目は、ICOで調達した資金をマイニングするための「マイニング機器」へ投資し、マイニングによって利益を出す仕組みです。

そのマイニング機器でマイニングされるのは、「ETH(イーサリアム)」と呼ばれるもので、10%分のETHがボーナスとして付与されるようになっています。

ちなみに、「ETH(イーサリアム)」とは、ビットコインに次ぐ主要な仮想通貨の1つで、トヨタなどの有名企業がイーサ―リアムのブロックチェーン技術を導入するなどと言って注目が集まっています。

さらに、”今年はイーサ―リアムの年になる”とも言われています。

2.MINEトークンの保有量に応じて年利24%で毎日ETHを配当

2つ目は、MINEトークンを専用のMINEウォレットに入れておくことで、ETHが毎日配当され、その利益は年利24%にもなるということです。

つまり、100万円分のMINEをウォレットに入れておけば、年利で24万円分のMINEが受け取れるということですね。

通常仮想通貨は、上場後に売られて価格を下げることが多いですが、MINEでは1や2の仕組みを取り入れることで、”価格を安定に保とう”としています。

なぜなら、「マイニング経済圏」を作るためには、”価格の安定”が必要だからですね。

3.MINEデビットカードで買物しながらMINEトークンを還元

MINEにはVISA対応の「MINEデビットカード」というものも用意されていて、そのデビットカードでは、BTC,ETH,AD,XRPなどの仮想通貨で「決済」が出来ます。

 

f:id:liveinshadow:20180523181209j:plain

そのデビットカードが使えるお店で決済をすると、”買物した分の2%のMINEが還元される”ということです。

楽天ポイントなどの、ポイント制度のようなものですね。

このように、MINEトークンはマイニングの配当を受け取り、買物もしながら増やすことも出来るようになっています。

「稼ぐこと、そして経済圏を作ること」

に特化された異色の仮想通貨だと思います。

MINE(マイン)仮想通貨を購入する際の注意点

 

このMINEは、「持っているだけで稼げる」という魅力的な仮想通貨ではありますが、もちろんそう簡単に儲かるわけでもありません。

その理由としては、”あくまでもまだ資金調達段階であって、プロジェクトが実行されているわけではない”ので。

これは「マイニング経済圏」を作るのも、「配当や還元の仕組み」を作るのも、これからの話だということです。

そんなMINE購入においての注意点は以下の通りになります。

・すぐに売り抜ける可能性がある

まず、多くの人がICOに参加する理由としては、仮想通貨の取引所に上場後、「トークンを売って稼ぐ」ためです。

トークンは取引所に上場後、初めて売買が出来るようになりますが、ほとんどのICOでは上場後すぐにトークンが売られます。

仮想通貨のICOには、プロジェクト発展のための投資目線(長期投資)ではなく、儲けるための投機目線(短期投資)で参加する人が多いです。

事実、取引所上場後に5倍以上の値を付ける仮想通貨も多く、ほとんどの方は価格が下がらないうちに売ってしまいます。

そうすると、最悪の場合はICOの価格を割り、残された者は塩漬け状態になる可能性も。

みんなで足を揃えて「よし、保有してするぞ」なんて打ち合わせは出来ませんからね。

たとえ、「配当がもらえる」と言っても、「すぐに売って稼ごう」とする人はいます。

そうなった場合に、”乗り遅れてしまうリスク”はあります。

・必ずしもボーナスや年利24%の配当を受け取られるわけではない

現時点では月利10%のボーナスや年利24%の配当がもらえるということですが、これも実際にプロジェクトが遂行されてみないとわかりません。

現状言われていることに関しては、「口約束」に過ぎないです。

いざプロジェクトが始まってみると、配当できるほどマイニングが稼働するかもわからないですし、どうして年利24%の配当がもらえるのか、”具体的な数式”が出ているわけではありませんからね。

ボーナスも配当も、現時点で言われている数字より下回る可能性もあるでしょう。

もしそうなった時に、売る人が出てくれば、さらに価格が下がり、ボーナスや配当も下がることも考えられます。

組織が破たんすれば配当が無くなる、「ネットワークビジネス」のようなものですね。

・保有者が多くなければ経済圏は成り立たない

MINE仮想通貨の1つの目的として、「マイニング経済圏」を作るということがありましたよね。

仮想通貨だけによって生活が成り立つ経済圏。

発想としては面白いんですが、そのためには「価格の安定」が必要になります。

今、私たちが「円」での生活が成り立っているのも、日本人みんなが円を所持して、価格が安定していることもあります。

また、みんなが円を所持する理由としては、日本中で円を使える場所があるからです。

なので、MINEも円のような経済圏を作るためには、「MINEを使用できる場所」を増やし、「価格を安定させる必要がある」ということです。

しかし、ここまでのリスクを述べて来た通り、「投機を目的とした投資家」が上場後に「トークン」を売ってしまえば、「経済圏」が作られることも難しいでしょう。

以上のことからも、MINE仮想通貨のプロジェクト内容は、非常に魅力的でICOにも参加したくはなるのですが、現実的に考えるとそのプロジェクトが実行されることは難しいと言えます。

もしプロジェクトの実行が難しいということであるなら、やはり上場後すぐに売り抜けてしまうのが、”ベストなタイミング”になるのではないかと思っています。

ただ、長期保有して数百倍になったICOもありますので、一概には言えませんけどね(^^;

いずれにせよ、”リスクも想定した上で”、「ICO」に参加して頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

当ブログではこんな企画もやっております!

仮想通貨で「一攫千金」を狙うならICOの窓口!

剣八とその仲間が最速最短で稼いだ秘密!

何か質問や相談がある方がいましたら、お気軽にお問い合わせください^^
侍ブロガー剣八の「無料相談道場」もやっております。

お問い合わせはこちらから

 

続きを読む