Live in the Shadows

~ひっそりと自由きままに暮らす~

人気YouTuberシバターから学ぶ「個人の時代」で生き残る方法

f:id:liveinshadow:20180523175453j:plain

侍ブロガーの剣八です^^

先日、とあるパチンコ店にて、モノ申す系YouTuberでお馴染みのシバターさんに会ってきました。

f:id:liveinshadow:20180523175506j:plain

顔出ししない「仮面ブロガー」としてやらせて頂いていますので、モザイクはご勘弁を。笑

今回は、某パチンコ店の感謝祭のゲストとしてシバターさんは呼ばれていたのですが、そこに” 個人の時代で生き残る方法”について、気づきを得られたので共有します。

これから会社に依存するだけでなく、個人、もしくは副業で稼いでいきたい方は、ぜひ最後までお読みになってください。

人気YouTuberシバターの経歴とキャラクター

 

まず、シバターさんの経歴を簡単に紹介しますと、もともとは総合格闘家をやられていて、そこからプロレスに参入し、現在は”プロレスラー”と”YouTuber”として主に活動されています。

動画配信については2008年から行っていて、そこからニコニコ動画やYouTubeでの配信をはじめ、現在に至ります。

ちなみに、「シバター」という名前は、プロレスの「リングネーム」であって、本名は「齋藤光」と言います。

なんか、普通ですよね笑

しかし、実はネットメディアを使って個人で稼ぐ上で、このキャラクターの「名前」と「設定」がすごく重要なんです。

「齋藤光」というどこにでもいそうな名前でやっていたら、まずここまで人気は伸びていないでしょうし、「シバター」という呼びやすく、親しみやすい感じの名前だからこそファンも集まります。

また、シバターさんはいろいろな問題や他のYouTuberに触れ、独自の視点からのツッコミを入れることでキャラクターを立てています。

少しきつく言ったり、的外れのような時もありますが、その強気にモノ申す姿勢を崩さないことにより、キャラクターに”エッジ”が効いているんですよね。

あくまで、「シバター」というキャラクターを作り上げているのです。

実際に会って話してみるとすごく優しく礼儀があり、写真を撮ることも快く了承してくれました^^

ネットでは好感度はありませんが、リアルでは好感度抜群といった感じです笑

そして、シバターさんがここまで伸びたのはもう1つ理由があり、YouTubeだけをやっている人ではないということです。

シバターさんには”プロレスラー”という肩書がありますが、この肩書がよりYouTuberとしてのキャラクターを引き立てます。

ここまでのポイントについては、実際にトップYouTuberの「ヒカキン」さんを見ても明確です。

まず、「ヒカキン」という親しみやすい名前があって、「ボイスパーカッション」という武器によってトップYouTuberまで成り上がりました。

今でもボイスパーカッションは動画に活かされていますが、やはり個人としてただYouTubeに出るよりも、何か”武器”や”肩書”はあった方がキャラが引き立ちます。

ですので、ネットメディアを使って個人をブランディングする時には、キャラクターの名前や設定をしっかりと決めることをおすすめします。

ちなみに、ヒカキンさんの本名は「開發光」ですが、まず読めないし、パッと頭に残らないですよね。笑

キャラクターは、それだけ重要だということです。

個人のネットメディアによる集客力

 

今回シバターさんが、感謝祭イベントに呼ばれてどのくらいの人が集まったのか?

ざっとこんな感じです

f:id:liveinshadow:20180523175520j:plain

整列番号が1000番までありまして、ほぼすべて埋まっていました。

なお、シバターさんは抽選を外してしまったようで900番台の模様。笑

f:id:liveinshadow:20180523175526j:plain

この日はパチコンチャンネルでやっている動画の収録でしたが、抽選も参加してガチでやっているんですよね。

 

イベントとしては、写真撮影会やサイン会などがありましたが、一人のYouTuberのネットメディアだけでもこれだけの人が集まります。

それだけ”個人のネットメディアに集客力がある”ことがわかって頂けたでしょうか?

細かいノウハウや理屈は抜きにして、これだけ個人のネットメディアには可能性があります。

ですので、これから個人で稼いでいきたい人の中で、ネットメディアに触れていない人は、非常にもったいないです。

今すぐにでもキャラクターとジャンルを決め、取り入れた方が良いですね。

シバターさんも普段のモノ申す系チャンネルに加え、こうしたパチンコチャンネルを持つことにより、幅広く仕事を取ってきています。

江頭さんもよくパチンコの営業を回っていると聞きますが、それと同レベルの人を集めてしまうようですからね。

ネットメディアを使えば、個人も芸能人と同等に集客をできるということです。

YouTuberの収入事情

 

そんなネットメディアを使って稼ぐYouTuberが、どれくらい稼いでいるかは気になりますよね。

これは細かい情報ではありませんが、登録者数100万人を越え、その中でもトップYouTuberと呼ばれる方は、年収1億円以上は稼いでいます。

それこそ、ヒカキンさんやヒカルさんは年収5億円近く稼いでいますからね。

また、登録者数60万人ほどの中堅YouTuberでも、年収3000万円くらい稼いでいます。

私がよく見ている、「ぷろたん」という中堅YouTuberも大体そのくらい稼いでいると言っていました。

YouTuberには「広告収入」と「企業案件」の2つの収入があり、「集客力」さえあれば企業側から仕事を依頼されます。

特に、今はテレビよりもYouTubeの方が広告効果はありますからね。

録画でCMを飛ばせるテレビに比べ、YouTubeはその動画自体が宣伝になりますし、実際の再生回数もわかります。

それを見ても、やはりYouTubeのようなネットメディアの方が、これからどんどん広告効果が高まってくると言えるでしょう。

つまり、ネットメディアを持っていれば、企業がどんどんネットメディアで宣伝を行う流れに乗っかれるということですね。

個人で稼ぐ時代に何を身に付けておくべきか

 

これはずばり、”ネットメディアでお客さんを集められるスキル”です。

ここまで説明してきたように、キャラクターを作り、ジャンルを絞って、ネットメディアで集客することができれば、個人で稼ぐことができます。

それこそ広告でしたり、商品の紹介でしたり、企業側から声がかかりますからね。

企業が1番欲しいのは、”お客さん”ですよね。

そのお客さんさえ集めることができれば、どういう形でも稼ぐことができます。

ですので、まずは”ネットメディアで集客できるようになっておくこと”

これがこれからの時代で個人で稼いでいくために必要なことだと私は思います。

それこそ、今はYouTubeやAbemaTV、ブログなど、顧客もテレビや雑誌からネットメディアに流れてきています。

それに合わせて顧客の欲しい企業が動くのも当然で、そこに備えてビジネスの仕組みを作っておけば、大きく稼ぐことができることなんて容易に想像できますよね。

ただし、YouTuberのように、顔出ししたり、キャラクターを作るのは、会社員や素人には難しいです。

しかし、”ブログ”であれば、会社員や素人でも簡単に始めることができます。

個人が簡単に始められるメディアは、ずばり”ブログ”です。

ブログであれば、”顔を出さなくても良いやり方”がありますからね。

それこそ私が今ここでやっているように、「仮面ブロガー」のような手法も。

ですので、これからの時代に備え、ネットメディアでの集客スキルを身に付け、なおかつ顔を出さずに稼いでいきたいという方は、下記のメルマガに登録しておいてください。

剣八の裏講義メルマガ

このメルマガでは、私が個人の時代の考え方やそれに合わせた稼ぐ手法、最新の情報等をお届けしていきます。

これから”個人としても稼いでいきたい”という方は、ぜひ登録しておいてください。

このブログでは、こういった企画もやっていますが

「顔出ししないブログを使った稼ぎ方」について知りたい方も、メルマガに登録しておいて頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

何か質問や相談がある方がいましたら、お気軽にお問い合わせください^^
侍ブロガー剣八の「無料相談道場」もやっております。

お問い合わせはこちらから